ICM-20948 9軸加速度-ジャイロ-磁気センサ

¥1,900

慣性計測で方向を知るには、慣性計測ユニットが必要ですが、IMUは自由度が高いほど良いとされています。InvensenseのICM-20948は、9自由度を小さなパッケージに収めており、必要な自由度を一度に手に入れることができます。3x3mmのコンパクトなパッケージには、一般的なセンサーのように1つのMEMSセンサーダイではなく、2つのセンサーダイが搭載されています。ICM-20948は、インベンセンス社のMEMS3軸加速度センサおよび3軸ジャイロセンサと、旭化成マイクロデバイス社の3軸地磁気センサ「AK09916」を組み合わせて使用できます。

***送料区分:普通郵便***

在庫あり

比較する
商品コード: 4554 カテゴリー:

説明

MEMSセンサーからの生のアナログ信号を、I2CまたはSPI経由でアクセス可能なデジタル測定値に熱心に変換します。各センサーは、そのようなセンサーに期待される品質仕様を備えています。

– 3軸ジャイロスコープ: プログラム可能なFSR: ±250dps、±500dps、±1000dps、±2000dps
– 3軸加速度センサ: プログラム可能なFSR: ±2g、±4g、±8g、±16g
– 3軸磁気センサ: ±4900µTの広い範囲で使用可能

ICM-20948のピンは、ブレッドボードで使用するための標準的な2.54mmピッチのヘッダーになっており、接続が容易です。また、STEMMA QTコネクタを使ってはんだ付け無しで使用することができます。

ご購入数の制限について

現在、より多くのお客様のお手元にAdafruit 製品ならびにCircuitPython
関連商品をお届けするため、1注文につき各商品1個までの制限をかけさせていただいています。

追加情報

サイズ 25.7 × 17.7 × 4.6 mm

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

こちらもおすすめ…