Muエディタをインストールする

AdafruitのLearning Guideの非公式日本語訳です。
英語独特の言い回しを可能な限り日本語的な表現に直していますが、不自然に感じる部分も残っていますことを何卒ご容赦ください。

2021年5月17日現在、最新の1.1.0-beta-4のダウンロードが推奨されていますが、一部の環境では正常に動作しないようです。直近の安定版(1.0.3)は以下のURLからダウンロードできます。

https://github.com/mu-editor/mu/releases/tag/1.0.3

MuはAdafruit CircuitPythonボードで動作するシンプルなコードエディタです。Pythonで書かれており、Windows、MacOS、Linux、Raspberry Piで動作します。シリアルコンソールが内蔵されているので、ボードのシリアル出力からすぐにフィードバックを得ることができます。

MuはAdafruitが推奨するCircuitPythonエディタですのでぜひお使いください。(すでにお気に入りのエディタがある方はそちらをどうぞ)

Mu のダウンロードとインストール

Muを https://codewith.mu からダウンロードしてください。ダウンロードとインストールの手順については、そこにある「ダウンロード」または「ここから始める」のリンクをクリックしてください。このウェブサイトには、広範なチュートリアルやハウツーなど、その他の情報が豊富にあります。

Muの使いかた

初めてMuを起動すると、「モード」を選択するように促されます。Adafruit CircuitPythonを選択してください。
現在のモードは、ウィンドウの右下隅に「歯車」アイコンの隣に表示されます。モードが “Micro:bit “などと表示されている場合は、それをクリックして、表示されるダイアログボックスで “Adafruit “を選択してください。

Muはマイコンボードの自動検出を試みますので、Muを起動する前にCircuitPythonデバイスをUSBで接続し、CIRCUITPYドライブとして表示されていることを確認してください。

これでコーディングの準備ができました。では、続けていきましょう。

原文: https://learn.adafruit.com/adafruit-clue/installing-mu-editor

Follow me on Twitter