QT Py RP2040

¥1,400

CircuitPythonおよびArduinoに対応したAdafruit社製のマイコンボードです。
人気のRP2040搭載で超コンパクト。Qwiic/STEMMA QTコネクタで、はんだ付け無しにセンサー類とI2C通信ができます。

***送料区分:普通郵便***

在庫切れ

比較する
商品コード: 4900 カテゴリー: , ,

説明

ピンアウトと形状はSeeed Xiaoと互換性があり、パッドにはキャスタレーションが施されているので、底面の部品に余裕を持たせるためにカットアウトされたPCBにハンダ付けすることができます。
STEMMA QTコネクタに加えて、RGB NeoPixel(超低電力使用を可能にする制御可能なパワーピン付き)、ブートモードとリセットボタン(プログラムの再起動やブートローダへの入力に最適)を搭載。

RP2040自体には、264KBの大容量オンボードRAMを搭載していますが、フラッシュメモリは内蔵していません。その代わりに、外付けのQSPIフラッシュチップが搭載されています。
このボードには8MBが搭載されており、プログラムとMicroPythonやCircuitPythonで使用されるファイルストレージとで共有されます。C/C++を使用している場合はフラッシュメモリ全体を使用し、Pythonを使用している場合は、コード、ファイル、画像、フォントなどのために約7MBが残ります。

  • SAMDベースのQT Pyと同じサイズ、フォームファクタ、ピンアウトを採用
  • USB Type Cコネクタ
  • RP2040 32ビットCortex M0+デュアルコア、約125 MHz @ 3.3Vのロジックとパワーで動作
  • 264 KB RAM
  • 8MB SPI FLASHチップ(ファイルやCircuitPython/MicroPythonコードの保存用。EEPROMなし)
  • すべてのOSでサポートされるネイティブUSB – USBシリアルコンソール、MIDI、キーボード/マウスHID、さらにPythonスクリプトを保存する小さなディスクドライブとしても使用可能。
  • MicroPythonやCircuitPythonでも使用可能
  • RGB NeoPixel LEDを内蔵
  • 13個のGPIOピン(11個のブレイクアウトパッドと2個のQTパッド)。
    • 4個の12ビットADC (Raspberry Pi Picoより1個多い)
    • 2つのI2Cポート(STEMMA QTコネクタに1つ、ブレイクアウトパッドに1つ)
    • SPIおよびUARTピンはQT Pyの標準的なピン位置に配置
    • すべてのIOピンにPWM出力 – サーボやLEDなどに使用可能
    • PIOとの互換性のため、6つのGPIOが連続して配置されている
  • 3.3Vレギュレーター(ピーク時600mA出力)
  • 12MHz水晶振動子
  • リセットボタンとブートローダ選択ボタンにより、素早く再起動可能(コードを再起動するためにプラグを抜き差しする必要はありません)。
  • とっても小さい!

ご購入数の制限について

現在、より多くのお客様のお手元にAdafruit 製品ならびにCircuitPython
関連商品をお届けするため、1注文につき各商品1個までの制限をかけさせていただいています。

追加情報

重さ 2 g
サイズ 17 × 21 × 5 mm

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

こちらもおすすめ…