NeoKey 5×6

¥4,690

NeoPixelとホットスワップ付きの自由にカットできるMX互換スイッチ対応キーボード基板です。 (マイコンは付属しません。

Adafruit NeoKey 5×6は、お好みのマイコンと組み合わせてオリジナルのキーボードを作りたい方のために、30個のキースイッチをスナップで切り離して、任意のサイズのグリッドを作ることができる基板です。

5×6になっていても、2×3、1×6、4×3……と好きな大きさにすることができ、期待通りの動作をしてくれます。小さな分割タブには、電源、NeoPixel、キーマトリクスのラインを上下に通すためのトレースが通っています。

在庫あり

比較する
商品コード: 5157 カテゴリー:

説明

Adafruit NeoKey 5×6は、お好みのマイコンと組み合わせてオリジナルのキーボードを作りたい方のために、30個のキースイッチをスナップで切り離して、任意のサイズのグリッドを作ることができる基板です。

5×6になっていても、2×3、1×6、4×3……と好きな大きさにすることができ、期待通りの動作をしてくれます。小さな分割タブには、電源、NeoPixel、キーマトリクスのラインを上下に通すためのトレースが通っています。

各々のキーも同様に、ダイオードで保護された列と行のラインを備えています。最終的にどのようなグリッドサイズを選択しても、マイコンのデジタルIOピンを外側の各行と列に接続します。

また、各キーにはリバースマウントされたNeoPixelが1個あり、多くのスイッチではLEDが光っている場所を通って上に向かっています。グリッドの+と-のピンに3~5Vの電源を接続し、マトリクスの始点に1本のデジタルIOラインを接続します。弱い2.2Kのパススルー抵抗が各行の最後にあるので、マトリクスが長方形でない場合を除いてジャンパーをする必要はありません。

すべてのキーにはKailhホットスワップが搭載されていますので、MX互換のスイッチをハンダ付けせずに差し込むことができます。スイッチを固定するために少し接着剤が必要になるかもしれませんが、ホットグルーや点状のエポキシがうまくいきました。サブキーは0.75インチの間隔で配置されており、コンパクトです。各キーの角には0.125インチの大きな取り付け穴があり、自作の筐体への取り付けが容易です。

メカニカルスイッチとキーキャップは含まれていません。MX互換のスイッチをお使いください。Kailh、Gateronなどが使用できます。

ご購入数の制限について

現在、より多くのお客様のお手元にAdafruit 製品ならびにCircuitPython
関連商品をお届けするため、1注文につき各商品1個までの制限をかけさせていただいています。

追加情報

重さ 41.7 g
サイズ 115 × 115 × 3.5 mm

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

こちらもおすすめ…